FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

方言=環境


私がずっと住んでいた名古屋と、現在住んでいる三重県では言葉に大きな違いがある。

三重県は関西よりの言葉を使うのだ。どうやら木曽三川を堺にして方言に違いが見られる・・・らしい。

そんな関西よりの言葉(三重弁)の環境に置かれて、半年。自分でも言葉のイントネーションが変わってきたように感じる。

たまに名古屋で話してた言葉(名古屋弁といか標準語というか)と三重弁が混ざったような気持ち悪いアクセントで話す時がある。

母親が三重から名古屋に移り住んできた人なのだが、標準語と三重弁を使い分けるらしい。というか、実際使い分けているところを見た。同言語でもバイリンガルである。

自分はそんな不器用なことはできないと思うので、今ある環境,つまり三重弁を聴き続ける環境にいればいる程、言語がそっちに変質していくのかもしれない。

名古屋と今いる津市は電車で一時間半の距離。そんも距離でこれほどの言語的違いがあるというのは、言語というのは面白いものである。

日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/05 23:46
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。