スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アマガミSS#18「テツダイ」感想

さて、アマガミの感想です。梨穂子編第二話ですね。

スケート場でのダブルデート。そういえば、アマガミ本編ではスケート場って登場しませんでしたね。結構エロイベントありそうな気がするんですが。香苗さんの私服姿が可愛いです。

案の定、ラッキースケベ現象やらパンチラやらが発生しましたね・・・。

ちなみに、私はスケート場に行ったことがありません。

OP。後期OPの「君のままで」ですが、これはスルメ曲だということに最近気付きました。

胸の話をする香苗さんですが、彼女も結構デカいっすよ、うん。

肉まんを掴んで胸を思い浮かべる、橘さん・・・その手があったか・・・。

茶道部のこたつの天板を運ぶイベント。天板小さくね?と思ったのは私だけでしょうか。

この茶道部の先輩二人は梨穂子編におけるパイプラインであり、潤滑材でもあります。

しかし、梨穂子のドジっ娘は絢辻さんさえ疲れさせるのか・・・また絢辻さんのウィークポイントが判明した・・・というか、絢辻さんは基本的に天然に弱いです。某森島先輩みたいな人とか。

さて、創設祭で茶道部の手伝いをすることになった橘さん。さあ、準備だ!

メイド・イン・ヘブン!

創設祭前日となりました。まだ二話なんですが・・・。

先輩二人が卒業すると、茶道部は梨穂子一人になり、廃部になってしまいます。そこで橘さんを入れて何とかさせようとします。一人は駄目で二人はいいのか。

創設祭当日。梨穂子の和服姿ええのぉ・・・。が、これを見ても茶道部に入らない橘さん何なんですかー。

ところでこの創設祭、人が少なすぎる気がするが大丈夫か?

大人の事情。大人の事情。

キング・クリムゾン!

というわけで無事に創設祭も終了。

帰り道の二人に雪が降り始めます。そこで二人の雪の思い出。梨穂子は口を開けて雪を食べる・・・という、あるあるネタですが、橘さんは巨乳の雪だるまを作るというリビドーに溢れた思い出となっています。

そして、梨穂子からのクリスマスプレゼント。幼なじみの女の子からの手編みの手袋とか国宝級じゃねえか羨ましいなコンチクショウ。

戦いに敗れた梅原にシンパシー感じちゃうよ。

プレゼントのお返しという伏線というか見え過ぎて伏線にもなってない線で後の二話を消化するのかな。

梨穂子のED。相変わらずの新谷ソング。それがいい。

次回予告。三年生編ぽい。
アマガミSS | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/13 23:13
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。