スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アマガミSS#13「サイアク」感想

というわけで、早速アマガミ関係の記事です。

既に森島先輩、薫、紗江ちゃん編ゆらゆら編は放送が終わっているので、とりあえず七咲編から。

オープニングのクリスマスの夜のすれ違いはオリジナル要素としてはいいですね。しかし何故当日の夜に七咲は弟のプレゼントを全力ダッシュで買ってるのだろう・・・事前に買うと、あのイタズラ坊主にバレるからだろうか。

開幕いきなり絢辻さんでテンション上がりますが、未だに母親みたいなことしか言わない委員長キャラの絢辻さん。

そして七咲ブランコのシーンですが、ほぼゲーム通り。にしても着地音が小さすぎる気がするよ。

毎度の食堂のシーン。学生時代は弁当だったので、ああいうのはよくわからないんですが、胃もたれしそうなメニューですね。そして、絢辻さんより出番がある気がする食堂のおばさんこと、食おば。

「痴漢」を連呼し過ぎなアニメを継続しながら、有名な(?)七咲スカートめくりのシーン。客観的に見るとシュールなだけだな・・・。

スカートを食い入るように見る男の子がかわいい、というそのセンスは真に七咲らしいですね。


CM。文学少女は途中で切りました。


美也のためなら、お小遣い全部使って商店街の福引やるけどな。その美也にデコに「ハワイ当たれ」と書かれたまま登校した橘さん。鏡とかじゃなくて書かれた時点で・・・いや、何でもない。

その商店街で七咲と買い物デート→海岸デートのチェーンをキメる天然ジゴロの橘さん。

にしても、この海岸、日本というか、それこそハワイの海岸みたいである。

そのワイキキビーチ(仮称)でペットボトル一本と戯れる橘さんを見て、笑う七咲。ああ、惚れてるんだね。

ED。アマガミSSのEDはどれも割合好きですよ。

次回予告。ここで塚原先輩と浮気して地獄の修羅場に突入したら、狂喜乱舞します。

・・・まあ、ないだろうけど。


さて、ここまでおわかりのように、感想を書くのが下手です。そんな私の感想ですが、どうぞお付き合い下さい。
アマガミSS | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/02 23:08
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。