FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アリオスガンダムがアレな理由

プラモのアリオスガンダムを先日買いましたが、その説明書の機体解説を見て、「弱さ」しか見いだせなかったので、少し考えてみる。

アリオスガンダムが弱い理由。

1、武装が貧弱。

GNビームサーベル

GNツインビームライフル

GNサブマシンガン

GNバルカン

GNビームシールド        以上が、アリオスの武装である。


第一期のようにGNドライブによる圧倒的出力があるならば、この武装でも十分にやっていけたはず・・・というか、キュリオスは十分にやっていた。しかし、二期では擬似GNドライブによって彼我の出力差はほぼ解消されている。少数精鋭を旨とするソレスタでこれはキツい。よく言えば、これ以上必要ない、「洗練された」武装ということなのかもしれないが・・・。

2、マイナーチェンジ。

キュリオスと大して変わっていない気がする。トランザム関係の問題が解決したぐらいだろう。他の機体はツインドライブは例外としても、シールドビットの採用や組み換え式のバスターランチャーへの変更など、進化した技術が見える。アリオスにもGNビームシールドという装備が採用されているが、劇中ではほとんど使われていない。後述のニッパー攻撃のためらしいが・・・。

3、一撃離脱?

アリオスといえば高速機動による一撃離脱戦法が得意であり、武装もそれに特化している(あのニッパーみたいな武器)。しかし、アレルヤ自身の反応速度等がハレルヤの喪失によって低下している上に、多数の擬似GNドライブ機を少数で相手せねばならない、ソレスタにとって、ニッパーみたいな武器による裁断という手間のかかる一撃離脱戦法なんて役に立つのだろうか。実際、終盤の武装強化では多数の相手にできるミサイル面の強化が図られている。ついでにいえば、主武装のビームライフルも高出力となっている。


ここら辺の問題点を解決した、劇場版の登場するガンダムハルートは大活躍していた。

アリオス、スマートでケルディムとかよりカッコイイんだけどなあ・・・。
ガンダム | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/11 23:38
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。