スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

彼女は黄昏少女で、我々はアムネジアで


黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)
(2009/08/22)
めいびい

商品詳細を見る


【amnesia】記憶喪失,健忘症

ホラー漫画ではなく、純愛漫画です。

「学校の怪談」・・・しかし、全ては人間の仕業。それは幽霊より怖く、醜い。

この学校に存在する本当の「幽霊」はヒロインである夕子さんのみ。彼女が忘れてしまった過去に繋がるのが、学校の怪談。

夕子さんが見え、触れることもできる主人公・新谷貞一は夕子さんと共に学校の怪談に挑む。

こんなお話です。

幽霊である夕子さんはその人が望まない限り、見えることはありません。一般人には意識しなければ見えない存在なのです。その存在を認識し、普通の人間のように接することができる新谷君は傍から見れば、本編で指摘されている通り「憑かれている」ともいえるでしょう。

しかしそれはホラー漫画としての見方。「ああ、好き合ってるんだな」と見れば、特別に意識しているということで、新谷君が夕子さんと触れ合うことができる理由もわかるものです。

さて、アムネジアとは記憶喪失のこと。夕子さんは自分が幽霊と化した、つまり死んだ時の記憶を捨てています。幽霊になるだけあって、それは未練残る死に方だったので。

それは本編で夕子さんの「影」となって現れます。それは目を背けたく成るような醜いものですが、それは生きている私たちにもついてまわっていることを物語は示します。人間、誰だって嫌な部分があり、それを切り捨てきれずに生きています。

その影の夕子さんとの対峙によって夕子さんは記憶を全て失いかけますが、新谷君という存在を通して「今」の肯定によって、記憶を一部取り戻します。

幽霊が現世を肯定し、それにより存在し続ける・・・皮肉な話ではあります。

夕子さんはある意味、生きている人間の「影」の部分ではないでしょうか。

幽霊というこの世にいない存在によって、この世に存在する我々を再認識する。

アムネジアなのは、夕子さんだけではなく、我々もそうであるかもしれません。

・・・とまあ、真面目に語っていますが、一風変わった学園モノとして面白いです。
スポンサーサイト
日記 | コメント(2) | トラックバック(1) | 2011/01/25 22:39
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。