スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

彼女は黄昏少女で、我々はアムネジアで


黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)
(2009/08/22)
めいびい

商品詳細を見る


【amnesia】記憶喪失,健忘症

ホラー漫画ではなく、純愛漫画です。

「学校の怪談」・・・しかし、全ては人間の仕業。それは幽霊より怖く、醜い。

この学校に存在する本当の「幽霊」はヒロインである夕子さんのみ。彼女が忘れてしまった過去に繋がるのが、学校の怪談。

夕子さんが見え、触れることもできる主人公・新谷貞一は夕子さんと共に学校の怪談に挑む。

こんなお話です。

幽霊である夕子さんはその人が望まない限り、見えることはありません。一般人には意識しなければ見えない存在なのです。その存在を認識し、普通の人間のように接することができる新谷君は傍から見れば、本編で指摘されている通り「憑かれている」ともいえるでしょう。

しかしそれはホラー漫画としての見方。「ああ、好き合ってるんだな」と見れば、特別に意識しているということで、新谷君が夕子さんと触れ合うことができる理由もわかるものです。

さて、アムネジアとは記憶喪失のこと。夕子さんは自分が幽霊と化した、つまり死んだ時の記憶を捨てています。幽霊になるだけあって、それは未練残る死に方だったので。

それは本編で夕子さんの「影」となって現れます。それは目を背けたく成るような醜いものですが、それは生きている私たちにもついてまわっていることを物語は示します。人間、誰だって嫌な部分があり、それを切り捨てきれずに生きています。

その影の夕子さんとの対峙によって夕子さんは記憶を全て失いかけますが、新谷君という存在を通して「今」の肯定によって、記憶を一部取り戻します。

幽霊が現世を肯定し、それにより存在し続ける・・・皮肉な話ではあります。

夕子さんはある意味、生きている人間の「影」の部分ではないでしょうか。

幽霊というこの世にいない存在によって、この世に存在する我々を再認識する。

アムネジアなのは、夕子さんだけではなく、我々もそうであるかもしれません。

・・・とまあ、真面目に語っていますが、一風変わった学園モノとして面白いです。
スポンサーサイト
日記 | コメント(2) | トラックバック(1) | 2011/01/25 22:39

アマガミSS最終回「シンジツ」・・・改め「ヒロイン六人衆を超えていけ!」


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「この人になりたい!架空のキャラクター」です。最近、架空のキャラクターの名前を名乗り、ランドセルなどをそっと置いていく人たちのニュースでにぎわっていますね憧れのマンガ、アニメ、ゲーム、ドラマ、映画などにでてくる魅力的なキャラクターたち。もし自分がなるとしたら、一体誰になってみたいですか?またその理由は?好きなキャラクター...
FC2 トラックバックテーマ:「この人になりたい!架空のキャラクター」




絢・・・・・いや、なんでもない。

絢辻さんは「なりたい」じゃなくて「いて欲しい」キャラクターです。

しかし「なりたい」キャラと言われても、思いつかないですねえ・・・私にとってキャラクターというのは一歩離れた位置から見るものだと思っていますから。もちろん、感情移入や自己投影することがないわけではありませんが。

どちらかいうと、そのキャラクターが持っている「能力」の方が欲しいな・・・と思うことが多いです。

能力も含めてキャラクターという存在かと思いますが、自然とキャラクターと能力を個別に考えているのかもしれませんね・・・。




さて、「離れた位置から見る」といえば。

アマガミSS最終回「シンジツ」

スニーキングガールこと上崎さん編です。ゲームでも隠しヒロイン扱いの人です。あまり隠せてませんが。

おおよそはゲームの話に沿った話でした。

前半はウルトラマンタロウに登場するタイラントの如く、あらゆるヒロインをバッタバッタとなぎ倒し・・・もとい妨害に成功します。

自称知り合いがわざわざ呼び出して写真一枚見せて「諦めてくれ」。私なら違和感しか感じませんが・・・いや、私は男子校なので共学における色恋沙汰の繊細さはよくわかりませんので、「彼女持ちに接近している勘違いされる=学生生活にダーメジ」かもしれません。

絢辻さんも微かに橘さんへの興味(まだ興味の段階です)がありつつも、そこら辺考えて諦めたかもしれませんね。・・・結構感情的になってる描写でしたけど。

森島先輩はスンナリ諦め、梨穂子や紗江ちゃんは肩を落とし、薫は歯がゆさから愚痴る。キャラクター的には普通の反応かと思います。

ショック的には七咲が一番大きかったように思います。「素っ気ないフリをしきれず転ぶ」という一番痛い反応をしてしまったのですから。まあ、そこが可愛いんですが。

後半は創設祭の夜。数々の悪行妨害行為を告白する上崎さん。それを結構普通に許す橘さん。

始まりは2年前の上崎さんの妨害。そして終わりが上崎さんの隣。

始点も終点も上崎さん。そんな無限ループを観るような虚無感を感じつつ、最後に告白し橘さんをかっさらい、謝罪しまくるEDで全てを許されたデウス・エクス・マキナな上崎さん。

美也との相克がなかったためか、何とも見ていて微妙な気持ちになりました。今一度あのシーンの重要性を再認識。

・・・ちなみにアマガミSSで一番笑った回でした。
アマガミSS | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/14 22:53

「文学少女と寂しがり屋の仮面」とねんどろいど緋村剣心(改良ver)


久々の更新となりました。年始で仕事が忙しく、更新する余力がなかったので・・・申し訳ない。

元旦に紹介したねんどろいどをチマチマと改良してみました。今回はその紹介となります。


遠子先輩が投げ売りされていたので購入しました。アマガミにゲスト出演してた彼女。ということで、ツヤ消しを塗ってみたねんどろいど絢辻さんと並べてみました。

窓辺でいつものように本を読む遠子先輩と対峙する絢辻さん。

110108_225617.jpg

写真ではツヤ消し塗ったのがわかりにくいですね・・・。しかしツヤ消しというのは凄いですね。フィギュアに質感のようなものを与えてくれます。

正月に紹介したねんどろいど緋村剣心の方も改良してみました。ツヤ消しを塗り、前髪を別パーツに変更。

こんな感じになりました。

110108_225909.jpg

髪が伸びたことによって、少しは剣心に近づけたかな・・・と。

110108_230126.jpg

抜刀状態。パテ補修の粗さが目立つ・・・。

110108_230326.jpg

せっかくの稼働するポニテなので、動かして躍動感(?)みたいなものを。ポニテとかは風になびいてナンボだと思うんだ。

とまあ、前回の少年剣士よりかはマシになったかと思います。また改良のアイデアを実行したら紹介したいと思います。ではでは。
ねんどろいど | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/08 23:33

ねんどろいど絢辻さん(髪結いver)&ねんどろいど緋村剣心(ぽいの)を作ってみた


年末年始にちょこちょこ作っていました。今回の出来は正直あまりよくないです。

110101_210146.jpg

アマガミSS:絢辻さん編において、倉庫を整理する際に披露し、俺の心をハートブレイクした絢辻さんの後ろ髪を結った状態です。

材料はクイーンズブレイドに登場した巫女さんのトモエのねんどろいど。それを黒く塗ったぐらいしかしてません。

110101_210239.jpg

規格(?)が合ってないので、少し頭に隙間が空いてしまっています。パテで補修しようとして一回失敗したので、放置。

その他、トモエが巻いていたハチマキの跡なんかも残っています。なので、今回は遠目から写真で見る感じになりました。

ところでトモエは巫女さん。髪の後ろ部分しか使っていないので、胴体部分とかがまるまる残っています。

なので、

110101_211104.jpg

緋村剣心(ぽいもの)を作ってみた。

巫女服、剣はそのままトモエのものを彩色。頭のポニテはラブプラスの愛花を使用しました。これだけのために買いましたよ、ええ。鞘はストローで自作しました。

とりあえず滅茶苦茶若々しくなっています。

110101_211223.jpg

抜刀状態。正面から見るとモロバレですが、トモエの顔パーツについている鉢金を隠し切れていません。白系統の塗料で何とかした感じです。

110101_211345.jpg

後ろ姿。

110101_211500.jpg

天翔龍閃。・・・みたいな。

とまあ、時間をかけた割にはあんまりな出来でした。改良の余地だらけっす・・・orz
ねんどろいど | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/01 22:17

今年を振り返って


2010年は就職一年目ということもあり、働くことの厳しさを知った一年でした。生活のほとんどが仕事に塗り替えられ、4年間の大学生活の生活パターンからの変化の年でもありました。

去年からやり始めたツイッター。何回かオフを行い、ツイッターというものに奥行きを感じた年でもありました。・・・ツイッター自体は呟く回数が激減してしまいましたが。

今年もアマガミの年でした。アニメの放送もあり、アマガミのニュースには事欠かなかった感じはあります。絢辻さんへの愛を叫び続けた一年だったかもしれません。

アニメといえば、今年は劇場版ガンダム00を見れたことが大きく残っています。19年ぶりの新作映画、しかし宇宙人が出てくると前情報に不安はありましたが、見てみるとその不安は払拭され、ドハマりしている自分がいました。再びガンダムというものに目を向けさせたくれた作品でもあります。

・・・ですが、去年からの流れを大きく引き継いでいた年でもありました。新しいことはほとんど始まってなかった年でした。

来年は、もう少し新しい作品とかにも触れてみようかな、と思っています。

来年はいいことがありますように。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/31 23:40
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。